忍者ブログ
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/19 03 : 16
CATEGORY : [未選択]

 珍日本紀行

 ここには日本らしい美しい風景もなければ、

外国人観光客を黙らせるワビサビの空間もない。

むしろ俗悪・軽薄と罵られてもやむを得ないような、

ときには地元の人間でさえ存在を忘れてしまいたい

スポットばかりが詰め込まれている。

でも、このスッピンの乱れ顔こそが、いまの日本なのだ。

そしてその素顔は、確かに美人じゃないけれど、

見ようによってはちょっと可愛かったりする。

 引き続き『HEAVEN 都築響一と巡る社会の窓から見たニッポン』展

レポートです。

 展示の冒頭は「珍日本紀行」で都築さんが日本各地で見つけた

キッチュであほくさい物件を時に大判のパネルで、一方では

卓上のプラスチック皿の上に(画像右側)膨大な数が飾られています。

画像右は、過疎の町が「よみガエル、さカエル、人が町にカエル」

をキャッチフレーズに9億3500万円かけて建てたかえる大橋

他にも ふるさと創生基金で買われたでかい金塊

(ベッカム様も来日時にすりすりしたそうだ)

何故か三重の山奥の温泉地に現れる

ルーブル美術館の姉妹館と
狂った大観音寺

美術の正規の教育を一切受けていない一家が

総出で作った静岡の地獄極楽ジオラマ等盛りだくさんです。

同じ展示室には他にも、ヤク中も酔っぱらいもいない

アムステルダム(※ハウステンボスの事)や

何故か群馬にあるスコットランドの古城(本物を移築)と

「日本の中のミニチュアな『異国』」が紹介されています。

 …ところで、この小さい写真を立てたプラスチックのお皿、

これはまさか…やはり、回転寿司のお皿でした。

 
 そりゃかっこわるいよ。環境にもやさしくなけりゃ、知性もないし。

でも、これが僕たちなのだ。僕たちの暮らす国なのだ。

しかも、そのかっこわるい国は、あんがい住みやすかったりするのだ。

かっこわるい僕たちには。

(太字は展覧会パンフレットの都築さんのお言葉を引用させていただきました。)
PR

2010/06/30 22 : 55
こめんと [ 0 ]とらっくばっく [ 0 ]
<<「HEAVEN 都築響一と巡る社会の窓から見たニッポン」展レポート④ | HOME |HEAVEN 社会の窓から見たニッポン展②>>
COMMENT
COMMENT WRITE















TRACKBACK
トラックバックURL

<<「HEAVEN 都築響一と巡る社会の窓から見たニッポン」展レポート④ | HOME |HEAVEN 社会の窓から見たニッポン展②>>

忍者ブログ [PR]