忍者ブログ
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/04/24 07 : 55
CATEGORY : [小物スケッチ]

2月中に完成してアップしようとしていた

バレンタインのチョコのスケッチ(時間が無くて無理でした。)

だいぶ前に別のぺんすけ講師の方が

2月にバレンタインのチョコレートをモチーフにされていた、

その影響ですが、意外と絵にするには難しいです。

チョコって透明水彩で着色するには形も色も地味すぎ、

シック過ぎるし、パッケージのデザインも細かすぎるか

シンプル過ぎて絵にならなかったり。

そもそも抹茶味やモカ味のチョコって、

透明水彩向きの色じゃないし。

この絵もガッシュ沢山使用しています。


今年も絵は天真庵さんでのスケッチ会位しか

描かないと思いますが、(稼ぎたいし勉強したいし)

それが嫌じゃありません。ではまた消えます(沈)


PR

2013/03/01 18 : 08
こめんと [ 0 ]
CATEGORY : [小物スケッチ]

 巷で「HAPPY HALLOWEEN」と言っていますが

変ですよね、西洋のお盆みたいなものなのに「ハッピー・お盆」って。

 これ昨年描いたスケッチに色塗ったものです。一年かかりました(笑笑笑)

細切れの合間合間の時間を見つけてちょっとずつ塗り重ねました。

これを逃したら永久にこのまま、このカラフルなモチーフで白黒って無意味→廃棄

と懸念でなんとか仕上がって良かったです。

 ふーくたびれた、次は年賀状絵の準備だ

合間合間の時間を見つけてちょっとずつ仕上げるぞ~∩( ´∀`)∩


 話が違いますが作家の川上未映子さんの小説には全然興味が無いし

(むしろ容姿と音楽には興味があり。)、これからも読まない確率大なのですが

この「私はゴッホにゆうたりたい」という詩?には涙腺がゆるみました。

ぬくい。いかなる評価や評論よりも最高の供養の言葉だと思う。


2011/10/28 22 : 32
こめんと [ 0 ]とらっくばっく [ 0 ]
CATEGORY : [小物スケッチ]


 先日線画だけアップした沖縄の瓶缶ペットボトルの絵です。

なんだか普通の出来ですが…夏が終わる前に完了できました。

ハイライトをジェッソやガッシュで描きましたが今一つ。

これ以上は泥沼になるので終わりにしました。

 描いた後本当に「うちなー飲料」というメーカーが

存在すると初めて知ってびっくり。

 ところで画面左端の黄緑とどピンクの瓶は

沖縄・伊江島発の「告白飲料・イエソーダ」だそうで、

リンク先ご覧になればお分かりでしょうが、面白いですよ。


 昨年から、私の多大なる心痛の種だったある件が

とりあえずの解決を見ました。はあぁ、良かった~(泣)

昨年の個展前のようにオフの時間を丸ごと絵に注げる事は

もしかしてもう無いかもしれませんが、

 それでもしばらくは精神的にも経済的にも落ち着けるので

ゆっくりですが絵も楽しんでぼちぼち描いていこうと思います。

この一か月足らず、炎天下をかけずり回って気を張っていた反動か

一挙に気が抜けてぐったりしております。

 ここを覗いて下さる皆様もくれぐれもご自愛くださいませ。


2009/08/30 13 : 06
こめんと [ 0 ]とらっくばっく [ 0 ]
CATEGORY : [小物スケッチ]


 スケジュールと暑さと精神的な余裕のなさで

半ば諦めていたこのスケッチを終わらせる事が出来ました。

線描だけですが。

 
 こういう、パッケージもの(と言っていいのか!?)の絵は

なかなか描かないので私としては貴重だと思います。

単純にブツだけ描いた時は配置に『失敗』と思い、

その後注釈程度に文字コメントを不自然な余白の部分に

書きいれてバランスをとりましたけど、

画面右下の文字(フォント)でまた失敗したような。嗚呼。


 久々の上京ついでに先日お亡くなりになったばかりの

熊田千佳慕さんの松屋銀座での展覧会へ行って参りました。

とっても良かった!初めて生原画見ましたけどお勧めです。

 図鑑に使われる位細密な描写で色塗りは

いわさきちひろさんが描く水墨画のような

たっぷりとした水けを含んだ筆でにじみぼかしを多用した

“面”で塗る絵ではなく、

全て点と線で緻密に緻密に塗り重ねています。

花びら一つ、枯れ草一つ、根っこの一つおろそかにせず

丁寧に描かれるので一枚仕上がるのに何ヶ月もかかるそうですが

それだけの事はあります。

けど決して見ていて疲れる絵ではありません。

ブレや書き損じが殆ど無い絵だというのに!堅苦しくない。

 お人柄でしょうがどこか洒落てエスプリが感じられますし

草花や土や虫達への深い愛情があるせいか

精密に描いていても冷たさがありません。詩がある絵。


 とにかく美しいです。今月24日(月)までです。

が、メインは拡大された精密な虫さん達の絵が並ぶので

20cm相当の芋虫さんの絵とか)

苦手な方はよした方がいいと思います。


2009/08/17 20 : 47
こめんと [ 0 ]とらっくばっく [ 0 ]
| HOME |

忍者ブログ [PR]