忍者ブログ
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/22 10 : 52
CATEGORY : [絵の話]


 ここ、まだ覗いて下さっている方おられますか?

ところで皆さん、12/12(日)のドラマ「坂の上の雲」

ご覧になられました?

も~~正岡子規の最後。

弥太郎のぼさーん!!」と涙涙でしたよ。

 今まで見た「死」のシーンで5本の指に入る名シーンでした。

他の役者さん達の演技や演出も良かった!

ぜんぜんあざとくなくてどこか爽やか。

道半ばにして倒れたのはとてもとても切ないけど、

「命の限り生きたんだ、本当に御苦労さま」という感じで。

 大河ドラマ「弥太郎伝」の最後の死にざまには

失笑したんですけど(最後までうざいやつぜよ…)

同じ役者さんが死を演じてもこうまで違うとは

香川さんって凄い演技力ですね(笑)


 ここのところ、頼まれ絵を亀のペースで描いています。

土日の時間を盗んでひいひいと

呻吟してやっと線描完成まで辿り着きました。

遅いって?今の私にはあれ以上は無理です。

最善を尽くしました。

年末に近くなったらアップしようかと思います。

それではまた。

 

PR

2010/12/14 01 : 11
こめんと [ 0 ]とらっくばっく [ 0 ]
CATEGORY : [絵の話]


 このいまいましい蒸し蒸しして猛暑な夏も終わり。

ネットで見ているとタイやフィリピンを知る人でも

東京の方が暑いというから相当なものです。
(コンクリートの暑さだからでしょうか)

 夏バテか、年初めからの激動の日々の疲れが出たのか、

風邪をこじらせて数日寝込んでしまっていました。

夏風邪は中々治らず辛いです。皆様もお気をつけくださいませ。


 9月13日より2週間墨田区のアートイベントに参加します。

京島のスケッチを1枚出展する予定ですが、

まだまだ出来ていないのです(怖) 




2010/09/01 22 : 44
こめんと [ 2 ]とらっくばっく [ 0 ]
CATEGORY : [絵の話]


 昨年初めて手作りの墨田下町ぶらり音楽祭

墨田区十間橋、つまり天真庵さんや

スパイスカフェのある界隈でありましたが

手作りながら大変盛況な楽しいお祭りでした。

 来る今月5/23(日)にまた開催予定です。

私は事前の打ち合わせには全く出られませんでしたが

当日はボランティアスタッフとして

会場付近をうろうろしている予定です。

 チラシ(昨年よりグレードアップしている!)の絵は

私が昨年音楽祭用に描かせていただいたものに

彩色したものを使っています。

新しく描きましょうか?と言ったのですが

前きてもらった方々に分かるように同じものを、という事で

そのままとなりました。

(助かった…新たに描く余裕なんて無かったし)

当ブログで昨年末にアップしたものと同じ絵で恐縮です。


 最近あの界隈も、スカイツリー見物のお客さんが

流れてきているようで結構盛況のようです。

某有名雑貨店の支店が出来るそうですし、

この変化が良いものである事を祈ります。


2010/05/13 23 : 58
こめんと [ 0 ]とらっくばっく [ 0 ]
CATEGORY : [絵の話]


 行って参りました。関東圏のペンすけ講師が

N先生宅に集う
クリスマス会に。一年お疲れ様会でもあります。

私は月一回だけ、それも野外スケッチが無いという教室だし

最近ぺんすけとしては開店休業中…なので

迷いましたが、行って良かったです。

 
 ここのところ自分自身に失望する事があり(絵以外で)

凹んでしまい…

絵どころか英語やPCスキルの勉強もストップしていたのですが

N先生や皆様の暖かさに救われました。

持ちよりパーティーだったのですが

誰かのお料理を食べるごとに「これ美味しい!」と

お互い(作った人に)言い合っていて。

実際盛り付けも味も名作ぞろいで。

 私はこちらのレシピを参考にさせていただきました。

今の時代、ネットで素敵な情報をシェアさせていただけて

大変有難いことです。


 参加者それぞれの教室(主にカルチャーセンター)

についての思う事・悩み事について

それぞれお話を聞けたのは収穫でした。

(※少し脱線しますが自分はカフェでの教室で結果的に

野外スケッチはなしで来たのですが

野外だと保険の問題が付きものなんですよね。

カルチャーセンターだとその辺の事はやって頂けるので

ラクなのですが、個人でやるとなると大変かも。)


 カルチャーセンターや自宅での教室について

そういう悩みや問題点、工夫があるのかと参考になりました。

この先そういった場で教える事があるか

不明ですが(それよりペンスケッチ続けられるのか?私)

興味深い話題の数々。

 そして、岡山のTさんが講師業を卒業されて、自分の絵+αを

追求していかれるそう。「その先」があるなんて

考えても見ませんでした。素晴らしい。

生徒さん達は残念!でしょうけど・・・

画像右端はモロッコで描いてきたばかりのN先生の作。早!

 


2009/12/27 00 : 27
こめんと [ 0 ]とらっくばっく [ 0 ]
CATEGORY : [絵の話]


 夢に見たせいで、高校の漢文で習った

「史記」の冒頭の「伯夷列伝」の物語を思いだしたのですが
(リンク先どうぞ)

当時「馬鹿じゃない?」<伯夷・叔斉

と思ったのですが今で言うとこの人たち、KYなのではないかと思います。

事実なのか怪しい(そもそも殷の紂王が本当に暴君だったかどうかも)

のですが、そういえば作者の司馬遷もKYだと思います。

行き過ぎた良心や正義感は『善きもの』ではなく

人を殺してしまう『悪魔な囁き』なのだという事も。

 可哀そうだけど思う(当時彼らの周囲の人々も思っただろう)、

「空気を読めよ」と。


 …そういえばゴッホもKYじゃないでしょうか(相当)

今でこそ「無理解な世間に傷つけられた悲劇の画家」ですが

そういう人達(私も)は、身近にこんな人がいたら

後ずさりするでしょう普通。

極端に純粋…というか紙一重で近隣の女性を追い回したりして

こういう人が(今みたいに絵に高値がついて)何億円ものお金を

手にしたら周りの人達が「えらい迷惑」

誰かがおっしゃっていましたがそのとおり…かも。


2009/08/27 12 : 58
こめんと [ 0 ]とらっくばっく [ 0 ]
| HOME |次のページ>>

忍者ブログ [PR]