忍者ブログ
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/19 03 : 16
CATEGORY : [展覧会]

和風バロック/爆走デコトラ伝説

 寝る時刻に、爆音でヴォンヴォンパラリラ~

騒がれると殺意をいだきませんか?
 
 そう、私は暴走族が大嫌いです。

(千葉ですから・・・基本です。)

実家は郊外だったので、かなり騒音被害がありましたよ。
 
なのに『HEAVEN 都築響一と巡る社会の窓から見たニッポン』

を紹介したY新聞の記事に、暴走族仕様のカスタムバイク

”お祭り仕様カスタムバイク・魅寿帝”の超デコラティブな姿が

掲載されているのを見て、(『和風バロック』と評されていた)

この展覧会を広島まで行って見たいと思ったのでした。

 ↑リンク先を読んでいただければ分かると思いますが、

私を騒音で悩ましてくれた爆音バイクも、爆走しているようで、

実際はちんたら走っていたのかなと思います。

 画像は、会場での魅寿帝(ミスティ)。

背後にホームレスの『広島太郎』のパネルと立て看板も。

車体の下部に何故か電車の吊革が下げられていますよ(笑)

 ちなみに、音響は「ゴッドファーザー」の主題曲で

爆音を聞かされたら大っ嫌いになっていたと思います。
 

 同じ部屋に、電飾キラキラなデコトラ関口工芸」仕様の

トラックペイントの写真も展示されています。

元々おが屑運送専門のトラック運転手だった関口さんが

愛車に自己流でペイントした絵が評判になり、

「うちの車にも描いてくれ」「うちのも」と注文を受けていたら

それが本業になってしまい、今じゃデコトラ界のカリスマ。

 海外でも紹介されるアーティスト様だ!!

「走っているときに美しく見えるように」

風をイメージして流れるように下書き一切なしで描かれるとか。

 

PR

2010/07/08 23 : 01
こめんと [ 0 ]とらっくばっく [ 0 ]
<<「HEAVEN 都築響一と巡る社会の窓から見たニッポン」展レポート最終回 | HOME |「HEAVEN 都築響一と巡る社会の窓から見たニッポン」展レポート⑦>>
COMMENT
COMMENT WRITE















TRACKBACK
トラックバックURL

<<「HEAVEN 都築響一と巡る社会の窓から見たニッポン」展レポート最終回 | HOME |「HEAVEN 都築響一と巡る社会の窓から見たニッポン」展レポート⑦>>

忍者ブログ [PR]