忍者ブログ
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/23 20 : 02
CATEGORY : [ポートレイト]


大河ドラマ『平清盛』の脇役語りを少しします。

年を跨ぎそうですが、新年に総集編するし、いいんです。


開国前は日本では男色がタブーでは無かったこと、

そして、院政期の天皇家を中心とした上流階級の間では

男色がたしなみとされていた事等は


「百人一語」「西行」「両性具有の美」等の本で存じておりましたが

『平清盛』で山本 耕史さんが演じられた“悪左府”
藤原頼長

については男色の件は普通にオミットされるか

分かる人にはピンとくる程度の描写で済ますと思っていましたよ、ええ。

まさかガチで(しかも2回戦)見せるとは…!!

主要キャラと絡ませたストーリー作ってくるなんて(((; ゚д゚)))


NHKって、時々SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!

演じきった山本耕史さんのプロ意識には脱帽です。

しかし、このドラマでの麻呂(公家)俳優達の層の厚さといったら。

忠実・忠通・頼長の陰険摂関家といい、

皆薄暗く陰湿な宮中の魑魅魍魎ぶりがリアルで

又十分笑わせていただきました。


山本耕史さんと言えば 
『薄桜記』も見ていました。

夫婦愛の時代劇で泣ける(´;ω;`)ドラマでしたが

このドラマでも演技がとても上手かったです。

TV見ながらつい「悪左府」さまーと言ってしまう(笑)
(史実の悪左府様も男関係派手な割に愛妻家?だったそう)

PR

2012/12/29 22 : 17
こめんと [ 0 ]
<<『平清盛』脇役語り② | HOME |有難う大河ドラマ「平清盛」>>
COMMENT
COMMENT WRITE















<<『平清盛』脇役語り② | HOME |有難う大河ドラマ「平清盛」>>

忍者ブログ [PR]