忍者ブログ
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/23 20 : 02
CATEGORY : [フィギア・ドローイング]


  水曜日は赤坂の、ドイツ文化センターでの、

朴保さんのライブコンサートでした。

 天真庵に初めて来られたのが私の個展中だったので

ついでに絵を見てくださいました。(ぺこぺこー。)


 朴さんは在日コリアン2世で、音楽を担当された

映画「夜を賭けて」の原作者、梁石日さんも

来られていました。

 ビートたけし主演の「血と骨」や今年公開の

宮崎あおい・江口洋介出演の「闇の子供たち

ああ、「月はどっちにでている」も、

この方の小説を映画化したものです。

「うわー、有名人だ動いてるー」(←完璧ミーハー)

 印象的だったのは、

朴さんが梁石日さんの事を評して

「とても偉くなられたのに、遠ざかったりしないで

僕らのような後進のめんどうを良く見てくださる」

と言われていた事でした。

 素晴らしいですね。N先生や天真庵の庵主様のようだ。

自分も将来、そうなるよう目指したいです。

今は自分の事で精いっぱいですけど。


 で、肝心の唄は?勿論Good!!その後の食事も。

 絵は、一番初めに描いた右の絵がある意味いいかも。

右・真ん中は朴保さん、左はバンドメンバーの方。

PR

2008/12/04 01 : 08
こめんと [ 0 ]とらっくばっく [ 0 ]
<<升たか漆陶展 | HOME |セッションハウス(後編)>>
COMMENT
COMMENT WRITE















TRACKBACK
トラックバックURL

<<升たか漆陶展 | HOME |セッションハウス(後編)>>

忍者ブログ [PR]