忍者ブログ
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/23 19 : 51
CATEGORY : [フィギア・ドローイング]


 昨夜は舞踏家・田中泯さんの公演に行ってきました。

誰?と思う人でも、NHK大河ドラマの「龍馬伝」

前回の放送で暗殺されてしまった

吉田東洋様を演じておられた方だと言うと

分る方もおられると思います。


 今年のNHK大河はキャスティングが豪華。

田中泯さんの吉田東洋様は香川照之を前にしても

全然引けを取らなくてとっても存在感があって

魅了されました。それに、お爺さんなのに

とても色気があるのですよ。美しさすら感じます。

 直前に公式サイトで中野富士見町のライブスペース

公演されると知ったので、予約して行きました。


 仕事を早めに切り上げて出よう!と思っていたのですが

・・・開演ぎりぎりに滑り込みました(泣)


 元々観る人が限られるマイナージャンルだし、

わざわざ20:00開演に足を運ぼうとする人なんて

そんなにいないよね、と高をくくっていたら

大変な人出で、びっくりしました。TVの効果、恐るべし。

予約していたので何とかぎりぎり入れましたが

当日来た方々はお断りする事態に。(可哀想)

でも私も席が無いので、床に茣蓙をひいた上に座りました。


 舞踏の公演観てつくづく思うのは

「これが生まれた時は、伝統的なバレエとか

見慣れた目には基地外沙汰に映っただろうな」

という事です。メソッドとかどうするんだろう。

 思ったよりゆっ・・・・・・・っくりな動きの

連続ですが、あれを1時間半延々やり続けるのは

かなりきついと思います。

全身に神経が行き届いていないと出来ないかと。

音響や照明も効果的でした。


 終わった後(地下の会場を指して)

「これが本当のアンダーグラウンド」と言われていましたが

ここで30年踊り続けたって・・・凄い。

前衛ダンスという最もお金にならないであろう

表現活動を何十年も続けてくるって想像を絶します。


 で、この絵は?というと・・・

そう、ダンサーのスケッチを試みたのですが

真っ暗い客席で手探りで描いたので意味不明な事に;;

PR

2010/04/03 15 : 22
こめんと [ 0 ]とらっくばっく [ 0 ]
<<武闘派ホームズ&ワトソン | HOME |舞踏の精霊/永沢まこと展(その2)>>
COMMENT
COMMENT WRITE















TRACKBACK
トラックバックURL

<<武闘派ホームズ&ワトソン | HOME |舞踏の精霊/永沢まこと展(その2)>>

忍者ブログ [PR]